ブログ
blog

2017.03.29

散骨とは

多様なライフスタイルが選択できるようになった昨今では、葬儀や供養の方法も色々な選択肢が増えてきました。

その中で今回、ご紹介するのは近年、希望する方が増えてきている「散骨」について少しご説明したいと思います。

 

「散骨」とは、故人のご遺骨やご遺灰を海や山、空などの自然に撒き、故人様を自然の中に還すという「自然葬」の一種です。「散骨」を行なう際によく問題として上がるのが、埋葬や火葬についての法律上、問題ないのかという点です。この点においては、現在「散骨」に関しての明確な法律が規定されておりません。また、平成3年に東京の市民団体が神奈川県沖で散骨を行なった件に関して、法務省は死者を弔う葬儀として節度を持って行なえば違法ではないという見解を示しています。

このことからも分かるように「散骨」自体は、法律上の違法性はないものの、周辺の状況に配慮してマナーよく行なうことが求められています。その為、「散骨」で撒くご遺骨やご遺灰は2mm以下のパウダー状にするのがよいとされています。これはご遺骨をそのまま「散骨」してしまうと、後に骨が発見された時に事件性があると勘違いされてしまう可能性があるからです。日本の法律ではパウダー状にすることが定められているわけではありませんが、人の骨と分からない状態にするようにするのがマナーです。

実際に「散骨」を行なう際ですが、ご遺族様自ら故人様が希望された場所に行き散骨することも可能ですが、最近では葬儀社や散骨の専門業者に相談して「散骨」をされる方が多くなっています。これはご遺骨やご遺灰をパウダー状にするのが、技術的にも心情的にも困難ということがあります。また「散骨」する場所についても、法律的には問題ないかもしれませんが、周囲とのトラブルを起こさない為にも専門業者に任せた方が安心できるからです。

 

ライフジェムをご利用いただくお客様も「散骨」を選択される方が増えています。

「散骨」が故人様のご希望であっても、残されたご家族が故人様のご遺骨をすべて「散骨」してしまうのは寂しい。手元に愛する故人様の一部を残しておきたいと考え、ご遺骨の一部でメモリアルダイヤモンドをおつくりになる方が増えています。

 

ご遺骨、遺灰からつくるメモリアルダイヤモンドについて

くわしくはライフジェムジャパンのホームページでご確認ください。

http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら