ブログ
blog

2017.05.16

「お仏壇はいつ購入すればいいの?」

お仏壇を購入する時期は特に決まりはありません。仏壇

購入するタイミングは家庭の事情にあわせて決めればよいものです。

お彼岸やお盆、法要などにあわせてお仏壇を購入する方も多いようです。

ご家族が亡くなった場合、四十九日の法要までに購入しておくのが望ましいとされています。

 

お仏壇を購入する際は信頼できる仏壇店をみつける事が重要です。

仏壇店を選ぶポイントとしては、仏壇・仏具の知識があることはもちろんのこと、地域での評判はよいか、お仏壇の修理やアフターケアは万全かなどチェックすることが必要です。

 

お仏壇は購入して設置したら家具のようにそのまま使うという事は基本的にありません。

新しく購入したり、買い換えをした際など新しくお仏壇を家に迎え入れる際は、

お仏壇が安置され、ご本尊に命を吹き込む儀式として、「開眼供養」が必要になります。
宗派によっては「開眼開き」「お性根入れ」「入仏式」や「御魂入れ」などとも呼ばれます。

開眼供養の儀式自体は、お仏壇に対して行われるものではありません。

お仏壇ではなく、お仏壇に安置されるご本尊に対して行われる供養儀式です。

お仏壇というのは家の中のお寺を意味します。

開眼供養は、家の中のお寺として、新しくお仏壇を設置する際に、そこに安置されるご本尊様にお家や御家族・御先祖様を護るために眼をお開き鎮座ください。と行う儀式なのです。

 

 

ご遺骨、遺灰からつくるメモリアルダイヤモンドについて

くわしくはライフジェムジャパンのホームページでご確認ください。

http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら