ブログ
blog

2017.01.31

近年注目の樹木葬とは?

多様な価値観が存在する現代において、葬儀の方法も従来の通夜や告別式を執り行ってから、お墓に納骨されるという流れだけではなく、「直葬」や「永代供養」「手元供養」など、様々な葬儀やご供養の方式が注目されています。

 

その中で今回ご紹介するのが「樹木葬」です。「樹木葬」とは、自然葬の一種で遺骨や遺灰をお墓ではなく、山などに埋葬して自然の中に還すという葬送です。日本では昭和初期まで土葬が一般的であったことから、日本人の価値観の中の「死後は土に還りたい」と思う人も多く、近年「樹木葬」に対する注目度は高まっています。

 

「樹木葬」自体は、1999年に岩手県一関市のお寺で行なわれたことから始まり、今では全国各地で行なわれるようになっています。具体的には、墓地と認められた里山や、霊園・墓地などに遺骨を埋め、墓石の変わりに樹木を植えるという方法です。

 

海や山に散骨する自然葬とは違い、場所を選ばずどこでも埋葬できるものではありません。きちんとした埋葬許可が必要ですので、樹木葬を行なっている霊園などで行なうのがベターでしょう。また、海や山で散骨した場合は、ご遺族がご供養のために訪れても手を合わせて拝む対象がありませんが、樹木葬の場合は樹木が墓石の代わりに拝む対象となってくれますので、ご遺族様がお参りしやすいというのも人気のポイントになっているようです。ただ、樹木葬のお墓にお参りに行く際の注意していただきたい点がございます。自然保全の観点からお線香やお供え物をささげたりするのは禁止されていますので、その点はご注意ください。

 

樹木葬のメリットとして墓石のお墓と違い、継承者がいなくても永代供養で弔っていただけます。また、コストも抑えられる傾向がありますので、現代のライフスタイルや価値観に合わせて、新しい形の葬送として注目されています。

 

遺骨、遺灰からつくるメモリアルダイヤモンドについて

くわしくはライフジェムジャパンのホームページでご確認ください。

http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら