「うらさんの祈りはダイヤモンドになって」著者:生島馨子

「うらさんの祈りはダイヤモンドになって」著者:生島馨子News

ライフジェム トップメディア掲載情報「うらさんの祈りはダイヤモンドになって」著者:生島馨子

「うらさんの祈りはダイヤモンドになって」著者:生島馨子

2018年3月30日

平成17年2月7日。

春まだ浅いこの日、一人の老女が天に召された。名は生島うら、享年九十九歳。百歳の誕生日まであとわずか一カ月余りを残しての旅立ちであった。様々な病や身体の不調を抱えながらも、明治から平成まで四つの御世を、健気に精一杯生き抜いてきた。

【うらさんの魂がダイヤモンドになった・・・・】

1972年11月1日失踪した生島孝子さん(当時31歳)のお姉さん、生島馨子さんが、母うらさんの一周忌を前に著書「うらさんの祈りはダイヤモンドに なって」を刊行されました。生島うらさんは、昨年2月、奇しくも曽我ひとみさんのお父様と同じ日に99歳でお亡くなりになりました。

葬儀から3日がたったある日、馨子さんはテレビのワイドショーで事故で亡くした子供の遺灰をダイヤモンドに加工したという女性の体験談を見ました。母の命を守りきれなかった申し訳なさでいっぱいの今、うらさんの遺灰をダイヤモンドにしよう!うらさんの魂を、この世で永遠に輝かせたい!そう決心した馨子さんは遺灰をダイヤモンドにするなど罰当たりかもしれないと思いつつも、ためらわずに依頼をされました。

うらさんの遺灰はダイヤモンドに生まれ変わり、いつまでも輝いています。いつか孝子さんが帰ってきたら、「母さんだよ。孝ちゃんの帰りをずっとずっと待ってたんだよ。」と、お日様色のダイヤモンドを見せてあげるのでしょう。