エンディングノートと遺言書の違いとは

エンディングノートと遺言書の違いとはNews

ライフジェム トップスタッフブログエンディングノートと遺言書の違いとは

エンディングノートと遺言書の違いとは

2018年2月9日

エンディングノートとは、その名の通り「終わり」を記した「ノート」です。生前から終焉までのライフステージにおいて、“いつ何をすべきか”や“最後はどうあるべきか”などを考えて、頭にあるそれらの計画を具体的に記したのがエンディングノートといえます。

 

ご自身の終末期や死後に、家族が様々な判断や手続きを進める際に必要な情報を書き残すためのノートです。

エンディングノートを書いておくことで、残された家族は様々な決め事や手続きを進めやすくなります。資産のことや葬儀内容をはじめ、解約しなければならないサービスのことや、供養方法、家族へのメッセージなど、記入することは様々です。

それではエンディングノートと遺言書にはどのような違いがあるのでしょう。

遺言書とは、自分に万が一のことがあった時に、自分の財産をどうするのか(誰にどのくらい相続させたいか)の意思を書き遺しておくものです。法的な根拠があり死後に効力を発揮します。
一方、いくらエンディングノートに細かく、財産をこのように分けて欲しいと書いても法的な効力は発揮しません。

例えば、法的な効力のある「遺言書」には、ご自身の財産に関することを記入し、一方で何でも自由に書ける「エンディングノート」には、家族へのメッセージ、依頼事や希望等を書くなど、遺言書とエンディングノートを使い分ける方も多いようです。

 

ご遺骨、遺灰からつくるメモリアルダイヤモンドについて

くわしくはライフジェムジャパンのホームページでご確認ください。

http://www.lifegem.co.jp/