「ダイヤモンドのお手入れ方法」

「ダイヤモンドのお手入れ方法」News

ライフジェム トップスタッフブログ「ダイヤモンドのお手入れ方法」

「ダイヤモンドのお手入れ方法」

2018年5月1日

ダイヤモンドの美しい輝きを保つためにはお手入れが必要です。

ダイヤモンドは油分が付きやすいので、美しく保つことは容易ではありません。 ダイヤモンドを扱うときに指の油がダイヤモンドの表面に付着すると、その輝きに影響を与えます。

ダイヤモンドジュエリーを美しく保ち続けるための簡単なお手入れは、自宅でできます。用意するものは、タオル、柔らかい毛の歯ブラシ、食器用中性洗剤、容器、ぬるま湯です。

まず、容器のなかに中性洗剤少量とぬるま湯を入れて洗浄液を作ります。洗浄液を作ったら、その液にダイヤモンドジュエリーを浸けましょう。洗浄液につけながら、そっと歯ブラシでこすります。ダイヤモンド自体は硬いのでそう簡単に傷はつきませんが、ジュエリーの他のパーツは傷に弱い素材の可能性があるので注意しましょう。汚れがひどい場合には、しばらく洗浄液にひたしておくと汚れが落ちやすくなります。
汚れが十分に落ちたら、洗浄液を捨てて新しい水かぬるま湯を容器に入れ替えます。洗い終わったダイヤモンドジュエリーを容器の中ですすいで、しっかりと洗剤を落とします。すすぎ終えたら、タオルで水気を拭き取ります。最後にドライヤーで軽く乾かしたら、お手入れの完了です。

週に1〜2回このように簡単なお手入れをすることでダイヤモンドジュエリーを美しく輝かせることができます。

 

ダイヤモンドには耐久性がありますが、ダイヤモンドが壊れないということではありません。 強い衝撃で欠けたり、ジュエリーのセッティングが弱くなるとゆるんだり紛失したりする事もあります。

年数がたってもその美しさと完全な状態を維持するため、宝石屋さんによるダイヤモンドジュエリーのクリーニングおよびセッティングの点検を定期的に行いましょう。

 

ご遺骨、遺灰からつくるメモリアルダイヤモンドについて

くわしくはライフジェムジャパンのホームページでご確認ください。

http://www.lifegem.co.jp/